Stay Constant 418

洋服ブランド・私物紹介・栄養素グラフ他 複数分野ブログ

スポーツウォッチの定番・おすすめブランド 16選

f:id:ikkiikkiptw:20210922235255p:plain

今回紹介するのはスポーツウォッチです。スポーツウォッチとはG-SHOCKに代表されるように、デジタル表示であり、生活防水でストップウォッチ機能がついているような時計のことを言います。物にもよりますが、カジュアルなスタイルには大抵マッチすると思います。ボリュームのある形は街中でも存在感を発揮します。

CASIO
(カシオ)

電卓・電子辞書・電子楽器・時計・デジタルカメラなどを扱う日本の電機メーカー。1946年に樫尾忠雄が東京都三鷹市に樫尾製作所を設立したのが始まりです。創業者の名字「樫尾」を会社名としました。1983年にリリースした、落としても壊れない腕時計「G-SHOCK」はその堅牢性から、世界中の兵士・パイロット・消防士等が愛用しているだけでなく、ファッションとしても人気の時計になりました。Gショックは耐衝撃機能を始め様々な機能を持っています。ストップウォッチやタイマー機能・アラーム機能といったデジタルウォッチの定番機能の他、製品によっては高気圧防水や防塵・防泥・気圧計・水深測定器・温度計・電波時計・タフソーラー・Bluetooth・超硬質コーティング・ワールドタイム表示機能など多くの機能が採用されています。

非常にモデル数が多いのでほんの一部のシリーズを紹介します。

5600

1983年の発売以来タフネスを追求し、進化を続けているシリーズ。当時のスクエアケースを今でも継承し続けています。他にも標準電波受信機能や光発電機能の付くモデルもあります。「DW-5600E-1V」はキアヌ・リーブス主演の大ヒット映画「スピード」で、キアヌ扮するSWAT隊員ジャックが身につけた時計の復刻版です。当時ファンの間で「スピードモデル」と呼ばれ、一大ブームを巻き起こしました。レトロ感も魅力的な時計です。

  • 7,000~23,000円
  • ウレタン樹脂ベルト
  • クオーツ
  • 20気圧防水

6900

ラウンドケースを採用したスタイルは非常にポピュラーで、G-SHOCKと言えばこの形を思い浮かべる方も多いかと思います。特に海外ではビッグケース仕様の人気が絶大です。文字盤の上側にある3つのサークル型秒表示と、ケース6時位置のバックライトの点灯ボタンが、デザイン面でのアクセントになっています。この時計もさまざまに機能分化が進んでおり、コラボ展開も豊富です。

  • 5,000~16,000円
  • ウレタン樹脂ベルト
  • クオーツ
  • 20気圧防水

SEIKO
セイコー

1881年服部金太郎が創業した服部時計店が始まりとなり、1917年に会社組織となった時計メーカー。日本初の腕時計、世界初のクオーツウオッチを製品化し、現在も時計関連で非常に著名な企業・ブランドです。「SEIKO」以外にも、高級・宝飾腕時計として「CREDOR」、セカンドラインとして「ALBA」、その上級ファッションブランドウォッチである「WIRED」、そして実用時計の最高峰をコンセプトに掲げる「Grand Seiko」など、多数のブランドを所有しています。

FIELD MASTER

セイコーが展開するスポーツやアウトドアに対応した本格スポーツウォッチブランド「PROSPEX」から、極限に挑む冒険家に捧げるサバイバルウオッチです。オールマイティーなシーンで活躍する外胴プロテクター付きの20気圧防水仕様です。フォントは世界初の6桁表示のデジタルモデルの文字をベースにアレンジし、外胴プロテクターと組み合わせて、独自のデザインを実現しました。

  • 31,000円前後
  • クオーツ
  • ラバーベルト
  • 20気圧防水

Seiko 5 Sports

1963年、国産初の自動巻きデイデイトモデルとしてセイコースポーツマチック5(通称セイコー5)が登場し、「自動巻き」「3時位置デイデイト表示」「防水性」「4時位置りゅうず」「質実剛健なケース」という5つの特徴が名前の由来となっています。その後1968年に誕生したこのセイコー5スポーツは、スポーツやレジャーでの使用に耐えうる実用性の高い仕様となり、現在まで50年以上世界中で愛される人気のシリーズとなっています。

  • 35,000円前後
  • 自動巻き
  • ナイロンベルト
  • 10気圧防水

adidas
アディダス

ドイツで誕生した非常に有名なスポーツブランド。1924年、アドルフとルドルフのダスラー兄弟が体育館用のシューズを開発したのが始まりです。兄弟は1948年に独立して、アドルフがアディダスを設立しました(ルドルフはプーマ)。スポーツ用品からシューズ・スポーツウェア・ファッションアイテム・時計など幅広いジャンルで製造から販売まで手掛けています。特にスニーカーでは1965年に発表したテニスシューズ「ハイレット(後のスタンスミス)」、1970年に発表したオールレザーのバスケットシューズ、「スーパースター」など多くの人気作を手掛けています。

Archive SP1

アディダスが誇る70年代の豊かなヘリテージから刺激を受けつつ、現代のデジタル世代に捧げる「ARCHIVE」シリーズ。情報に溢れる現代社会に、あえて無駄を削ぎ落とし必要なものだけを身に着ける贅沢、そんなコンセプトで展開されています。このSP1はファッション性と機能性を兼ね備えたデジタルウォッチです。手首に心地良くフィットする、ソフトなシリコン製ストラップが特徴です。

  • 10,000円前後
  • 7色展開
  • クオーツ
  • ラバーベルト
  • 5気圧防水

ice watch
(アイスウォッチ

2007年にベルギーにて誕生した時計ブランド。「価格が手ごろでありながら上質なデザイン」という発想のもとに生まれました。デザインやマーケティングはベルギーで行われ、常にトレンドを意識してアイテムを発表しています。目を奪われる多彩な色と、ポリカーボネイトやシリコンラバーなどのユニークな素材、そしてファッショナブルなフォルムを組み合わせた、想像性豊かなデザインが特徴です。その勢いは凄まじく、わずか数年で世界100ヶ国以上の国で話題を集め、販売されています。

FOREVER

アイスウォッチの定番モデル。モデル名の由来でもある、シリコンラバーのブレスレットが特徴で、色鮮やかな発色とストレスフリーな付け心地が人気の腕時計です。ファッション性の強い時計に思われますが、MIYOTA製のムーブメントに、カレンダー表示・10気圧防水を備えた実用的な時計に仕上がっています。

  • 13,000~14,000円
  • 11色展開
  • 4サイズ展開
  • クオーツ
  • ラバーベルト
  • 10気圧防水

NIXON
ニクソン

アメリカのカリフォルニア州エンシニータスにある腕時計メーカーで1998年にスタートしました。サーフ、スケート、スノーの3Sスポーツをする人達のために、Andy Latts と Chad Dinenna が1998年秋に10ヶ国以上のボードショップで販売をスタートしました。従来のスポーツ系の時計とは一線を画し、ゴム製のバンドのものよりもメタル製のものが多く、デジタルではなく針の時計が多いのが特徴。スポーツに対してだけではなくフォーマルな物、レディースも作られています。現在では腕時計だけではなく、バックパックやアパレル製品も展開しているようです。

THE UNIT

スポーティーで男らしいごつごつとしたなデザインが特徴の、ニクソン定番のデジタルウォッチ。ポリカーボネートやシリコン素材を使用しているので傷がつきにくく、10気圧の生活防水仕様でアクティブに使えます。文字盤の表面のセンサーで気温が測れるというおしゃれな機能も付いています。

  • 20,000~21,000円
  • 15色展開
  • クオーツ
  • ラバーベルト
  • 10気圧防水

THE BASE TIDE PRO

デイリーユースはもちろん、よりサーフに特化したスペックを追求して完成したモデル。世界550ヶ所のタイドデーターや日出・日没データを搭載した本格派。さらに、水はけのよい溝入りのデザインとなったシリコンバンドには、ベルトがしっかりと固定されるダブルロッキングルーパーが配されるなど、その完成度はまさに盤石。機能性と耐久性という、スポーツウォッチに求められる究極の2大要素をふんだんに盛り込んだプロモデルと言えます。

  • 18,000~19,000円
  • ラバーベルト
  • 8色展開
  • 10気圧防水

TIMEX
タイメックス

1854年アメリカ、コネティカット州ウォーターベリーに生まれた「ウォーターベリークロックカンパニー」を母体の時計メーカー。現在ではタイメックス社としてグローバルに展開しています。たった1ドルのタイメックスのポケットウォッチ「ヤンキー」は、20年間で4000万本を販売した世界で最も売れた時計として有名です。マーク・トゥエインから鉱山労働者、農夫から工員、オフィスワーカーまで、誰もが「ヤンキー」を使用していたのです。1910年代にはアメリカ軍の依頼を受けて腕時計型の軍用時計を開発し、これがミリタリーウォッチ誕生の起源だと言われています。

Original Camper

オリジナルデザインは1941年まで遡ることのできる、タイメックスのロングセラーモデル。1980年代、タイメックス社が軍納品していたモデルのレプリカです。軽い付け心地で視認性も高く、アウトドアにもお勧めです。多くの復刻モデルやサイズ違いが生まれています。ミリタリーらしいカーキ色はデニムによく合います。

  • 9,000円前後
  • ナイロンベルト
  • クオーツ
  • 3気圧防水

Ironman Sleek

1986年に誕生したタイメックス初の本格スポーツウォッチ。当時のモデル名は「IronmanR TriathlonR 8-Lap」で現在発売されているのは復刻版です。その優れた機能性とデザイン性により、発売直後から大人気となり、瞬く間に世界で最も売れたスポーツウォッチとなりました。1992年にタイメックスが世界で初めて開発した文字盤全面発光機能「インディグロRナイトライト」を装備しており、デザイン的には完全復刻版でありながら、機能面ではアップグレードが図られています。

  • 6,000~7,000円
  • 特殊樹脂バンド
  • クオーツ
  • 10気圧防水

LIMI-NOX
ルミノックス

1989年アメリカ、ニュージャージー州で事業をスタートした時計のメーカー。ブランド名はラテン語で「明るい夜」という意味を持つ言葉。他の腕時計とは一線を画し、特殊軍隊用時計として揺るぎない信頼を得た存在となっています。瞬時に計時を認識できる視認性、つまり「何時、いかなる状況であっても時刻の確認ができる視認性の確保」を求めるSWATや特殊戦闘機パイロットから数々の特殊時計の開発要請を受けています。ルミノックスのすべての時計にはスイスMB-マイクロテック社により開発されたルミノックス・ライト・テクノロジーという発行システムが採用されているのです。

米国海軍特殊部隊ネイビーシールズからの要請で開発をスタートし1994年に誕生した時計のシリーズ。海軍並びに陸軍において制式採用されるための厳密な基準、「政府調達製品仕様書(ミルスペック)」をクリアし、当ブランドの原点とも呼ばれるこのモデルは、現在まで様々な仕様へと進化を遂げてきました。全てのモデルの裏蓋にはネイビーシールズの紋章が施されているのも特徴です。

  • 45,000~55,000円
  • ラバーベルト
  • クオーツ
  • 20気圧防水

WENGER
ウェンガー

1893年、スイス・ジュラ州のドレモン近くにある小さな地域、クルテテルにナイフ工場として設立したブランド。120年以上の歴史を誇りますが、その大半はアーミーナイフの製造によって形作られてきました。その後、1997年に腕時計の販売を開始、さらにキャリーバッグを発売し、世界中で人気を博しています。2013年には、「Victorinox社」がWENGERのナイフ事業を自社に統合したため、現在は時計とキャリーバッグの開発に注力しています。その時計はスイス軍にも採用されており、過酷な環境下でも使用可能な耐久性機能性に優れたタフウォッチとして多くの支持を得ています。ミリタリーウォッチの王道として長く君臨しているのです。

Commando

ウェンガーの中でも特に人気のライン。光を溜めて暗いところで光るルミノバを塗布しているのが特徴です。中でもコマンドクロノはスイス陸軍が主催する捜索救難演習に参加する兵士のために作られた腕時計です。ケースとベルトは耐久性に優れたPVD加工を施しています。ケースの裏にはSMC(スイス・マウンテン・コマンド)のマークが刻印されています。

  • 37,000~38,000円
  • クオーツ
  • 10気圧防水

 

SUUNTO
(スント)

1936年にフィンランドで創設された精密機器メーカー。創業以来生産している液体封入型のコンパスの他にダイビングなどのスポーツ用や軍用の計測機器、心拍計などの機能を持つ腕時計を生産しています。腕時計は従来の重々しい雰囲気漂う高機能ウォッチのイメージを覆す、北欧らしく洗練されたデザインが特徴です。アウトドアシーンにおいて便利な、現在地情報をいつでも確認できる高度計、天候を知らせてくれる気圧計、普段の生活でも役立つ湿度計のほか、本体にデータ保存ができるメモリー機能など、他にはない機能を備えています。

CORE

耐久性と快適なフィット感を両立させたストラップを装備し、堅牢なボディに身を包んだスントの原点ともいえるアウトドアウォッチです。高度計・気圧計・3Dコンパス・シュノーケリング用の深度メーター、そして天候予測機能を搭載したこの時計は、冒険には欠かせないツールです。

  • 19,000~20,000円
  • ラバーベルト
  • クオーツ
  • 3気圧防水

VICTORINOX
(ヴィクトリノックス)

創業者のカール・エルズナーが1884年にスイス・イーバッハでアーミーナイフのワークショップを開いたことが始まりとされる、アーミーナイフのメーカー。1891年、ソルジャーナイフを開発し、これがスイス陸軍に納入されたのがきっかけで、ビクトリノックスは有名になりました。その後1世紀近くたった1989年に時計を製造し始めます。時計ひとつひとつを、その性能といつまでも洗練されたデザインとの完璧なバランスを生みだすようにつくりあげています。ビクトリノックスの時計は、100回を超える品質管理テストをクリアしており、シーンを問わず安心して着用することができます。

ORIGINAL

ビクトリノックスが初めて時計事業に参入した1989年に発表した最初のコレクションで、最も成功を収めた時計の1つです。この新しいコレクションは先代「オリジナル」のオーセンティックでユニークなコンセプトを受け継ぎながら、より洗練されたデザインで現代的に変貌を遂げました。軍の4つのフィールドを代表するユニークなカラーコンセプトとバリエーションの4種類が登場しています。

  • 44,000~45,000円
  • クオーツ
  • ナイロンベルト
  • 10気圧防水

 

ALPNACH

極限の使用条件を想定して設計された、高い機能性と無骨さのなかに力図良さを印象づけるデザインの時計。読み方は「アルピナッハ」。熟練パイロットも過酷な条件に直面する、山岳地方にあるスイス空軍の基地に因んだその名が裏付けるかのように、このモデルには精密機器の域に達する、様々な特性と技術的な高性能が備わっています。

  • 374,000円前後
  • 機械式
  • ナイロンベルト
  • 10気圧防水

 

GARMIN
(ガーミン)

1989年にアメリカで誕生した主にナビゲーションシステムを生産する企業。ガーミンという社名は創業者2人の名前の一部、ゲイリー・バレル(Gary Burrell)と高民環(Min H. Kao)のGaryとMinに由来しています。衛星電波を利用するGPSの発展とともに、現在の位置を正確に把握できるハンディナビゲーションシステムがアウトドア分野でも高く支持されているブランドです。そのガーミンが送り出す時計はもちろんGPS機能を搭載しており、スマートウォッチとして進化し続けています。

fenix 5 Sapphire

フィットネスやアドベンチャーのためのマルチスポーツGPSウォッチ。GPSのみの場合と比べ厳しい環境下でもより多くの受信が可能なみちびき衛星受信機能を搭載しています。ストリートでも気兼ねなく使えるデザインも魅力です。ベゼルは頑丈なステンレス製、10気圧防水、その他各種機能を備えています。さらに、マップ・音楽配信・レベルに合わせて調整されたペースガイダンスなどの機能もついています。

  • 100,000円前後
  • 付け替え交換可能なQuickFitバンド
  • 10気圧防水

BARIGO
(バリゴ)

1926年にドイツのシュツットガルト郊外で創業した精密機械メーカー。船舶や航空機などプロフェッショナルユース用計器の製造において長い歴史を持ち、長年の気圧計の製造で得た知識をもとに登山などで使用できるスポーツ機器を開発しています。特に登山用として使用できる腕時計は有名で、日本ではイワタニ・プリムスという会社が正規代理店になっています。

ES7

E7の機能をそのままにアルパインライミング時などのシリアスな状況下でも手の動きを邪魔しないように、手首周りの細い方や女性にも合うようにサイズダウンを図ったモデルです。ストリートではES7の方が扱いやすいかと思います。各機能をクロスオーバーして使用できる操作性の良さも感じることができます。

  • 24,000~25,000円
  • ウレタンベルト
  • 5気圧防水

CITIZEN
シチズン

1918年に貴金属商で貴族院議員の山崎亀吉によって「尚工舎時計研究所」として創業したのが始まりの時計メーカー。「シチズン」ブランドの時計で知られる他、工作機械の分野でもスイス式自動旋盤を中心とする「シンコム」ブランドで名高い企業です。かつては腕時計のムーブメントの生産量世界第1位を誇り、国内最大手であり世界シェアでも3割以上を誇っています。現在のシチズングループの時計製品はクオーツ式が主流であり、主にチタン外装や表面硬化技術、太陽光発電(エコ・ドライブ)・電波修正などの最新の技術を駆使した機能を備える実用的な製品を開発、販売しています。

PROMASTER

1989年の誕生以来、常に探求者たちを魅了し続けているプロフェッショナルスポーツウオッチのシリーズ。山を登る、海に潜る、空を飛ぶ、これら環境下での具体的な行動を想定し、それぞれ機能を追求した「LAND」「MARINE」「SKY」の3カテゴリーで商品を展開しています。MARINEシリーズのBN0177-05Eは、ストリートで着けてもクールなデザインでありながら、ダイヤモンドに準じた硬度を与え、摩耗しにくい黒色の表面処理を施す技術の「デュラテクトDLC」、さらにエコ・ドライブを搭載し、使い勝手が非常に良い1本です。

  • 77,000円前後
  • クオーツ
  • ウレタンバンド
  • 30気圧防水

EPSON
エプソン

情報関連機器、精密機器を製造する日本のメーカー。1942年、現在のセイコーホールディングスである服部時計店の元従業員で時計の小売・修理業を営んでいた山崎久夫により、長野県諏訪市で前身となる大和工業が創業されました。当時は腕時計の部品製造や組み立てを行っていましたが、現在ではインクジェットプリンターを始めとするプリンターや、プロジェクタ、パソコンといった情報関連機器、水晶振動子(クォーツ)、半導体などの電子デバイス部品の製造を行っています。創業以来ずっと腕時計を作り続けており、クオーツから機械式までさまざまなムーブメント技術を保有するだけでなく、近年では外装の技術開発も進み、センシングについても高い技術を持っているのです。

WristableGPS

エプソンが展開するGPSランニングウォッチのシリーズ。10番台または100番台のモデルはエントリーモデル、50番台や700番台は中位モデル、300番台や800番台は上位モデルとなっています。例えば「Q-10」はエントリーモデルですが、簡単な操作をするだけでGPS計測により距離やペース、カロリーや歩数までしっかり記録してくれます。しっかりとボリュームがあるのでそのままストリートで着けていても格好良く決まります。

  • 14,000円前後
  • クオーツ
  • ウレタンバンド
  • 5気圧防水

 

LAD WEATHER
(ラッドウェザー)

2009年にアメリカと日本で共同開発された、ウォッチブランド。アウトドアウォッチを中心としたリーズナブルなアウトドアグッズをインターネット通販で販売しています。リーズナブルな価格でありながら機能が充実しており、アウトドアウォッチに新たなトレンドを巻き起こしました。

lad004

高度や気圧、温度、天気の計測ができるデジタルウォッチなので登山やキャンプに最適です。自分がどれだけ上ったのか、下ったのかを計測することができる「トレッキングモード」も搭載しています。その他にも電子コンパスがあるので、道に迷うことなく、登山を楽しむことができます。

  • 6,000~7,000円
  • ウレタンバンド
  • 3気圧防水

EMPEX
(エンペックス)

1973年に設立した気象計などを製造する日本のメーカー。気象計という国内ではなじみのなかった商品を、「気圧計・温度計の3つを備えた家庭用のメーターで、インテリア性の高い新しい暮らしの道具」と定義づけ、1979年初めて日本国内市場に紹介しました。現在では「快適生活創造企業」として、気象をテーマに独自の精密計測技術を応用し、数多くの新価値商品を生み出しています。

フィールドメッセCX

スリムなボディに高度メモリやログ機能・温度計・気圧計・デジタルコンパス、ペーサーを内蔵した高機能電子高度計。スイス製センサーを搭載し、高度については1m単位表示で9100mまで測定可能です。

  • 14,000~15,000円
  • ウレタンバンド
  • 日常生活防水

TomTom
トムトム

1991年にオランダのアムステルダムで創業した、カーナビゲーションシステムやGPSウォッチなどのコンシューマー向け製品、法人向けの位置情報サービスなどを提供する企業。自動車向けGPSナビゲーションユニットの開発・販売で、欧州市場においてシェアを獲得しています。最近ではグローバルで研究開発が進む自動運転分野にも進出し、フォルクスワーゲンとパートナーシップを締結しています。コンシューマ向けウェアラブル端末は2013年から展開し、2016年に初めて2製品を日本市場に投入します。

RUNNER 3

マニュアル不要の簡単な操作性とシンプルで見やすい液晶表示が特長の高精度GPSランニングウォッチ。3GBもの音楽専用ストレージでウォッチに音楽を500曲以上保存可能。Bluetoothイヤホンを接続すれば音楽を聴きながらエクササイズができます。本体に内蔵された光学式心拍センサーで心拍数を数値やゾーン、ゾーン使用率、線グラフでウォッチ上に表示・記録されます。さらにバンドは工具不要のワンタッチで付け変えることができます。

  • 25,000~40,000円
  • サイズ展開あり
  • ウレタンバンド
  • 4気圧防水
Adventurer

トムトムGPSウォッチの最上位機種として2017年2月に国内発売されたモデル。GPSに加えて気圧計も搭載され、ハイキングやトレイルランニングにおいて、気圧の変化により高度や勾配を検知することが可能です。また、スキー・スノーボードでは、リフトに乗っている状態を自動感知するため、滑走ごとに最大スピードや累積下降などのデータを確認できます。さらに特徴的な機能として「トレイル探索」という機能があり、通行する予定の軌跡ログを読み込んで、そのログをGPSウォッチ画面上に表示します。

  • 43,000~44,000円
  • ウレタンバンド
  • 4気圧防水